ニキビを撃退!美肌情報版

理想的なスキンケア方法を説明

画像

皮膚科での処置

ニキビは外見的にもデメリットが多いだけでなく、痛みや痒みも伴うことがあります。
その為、できるだけ早く改善したいと考えて、皮膚科にいく人も少なくありません。
では、皮膚科ではニキビに対してどんな処置をしてくれるのでしょうか?

結論から言うと、ニキビが軽度・中度の場合はビタミン剤や塗り薬が処方されます。
また、ひどい場合は抗生物質の内服薬が処方されます。
これが標準的な処置と言われています。
しかし、それらの治療だけではニキビを根治できない大人ニキビに悩まされている人も多いようです。
頑固な大人ニキビは皮膚科に言って薬を処方してもらうだけでは不十分なのです。
そこで、根治の為におすすめしたいのが漢方薬やサプリメントです。

また、本来ニキビに使わないような薬や日本では認められていない特殊な薬を出す病院もあると聞きます。
しかし、そういった特殊な薬が必ずしも効果を発揮するとは限りません。

さらに皮膚科での治療の懸念事項をあげるとすると、処方薬は副作用の心配があるということ。
まずは副作用の少ないものから順番に薬を試した方が良いでしょう。
もちろん保険が適用される薬の方がコストがリーズナブルに済みますから、そちらを優先したいところですね。

保険が適用されない治療の代表例として挙げられるのがピーリングです。
ピーリングはアルファヒドロキシ酸(AHA)やサリチル酸などを皮膚に塗布することで新陳代謝が悪化した角質層を剥がす治療法。
もちろんメリットはあるのですが、トラブルが多いのも事実。
ピーリングが必要になるほど悪化する前に、予防策と早期治療を心がけましょう。

保険が適用される抗生物質は保険に適用されます。
主にアクネ菌を殺菌する目的で飲み薬が使用されます。
ただし、アクネ菌は皮膚に元から存在している常在菌です。
その為、いくら殺菌しても完全にいなくなるということはないでしょう。
つまり、抗生剤を使用したニキビ治療は一時的な効果しか求められません。
根本からの治療(=根治)には生活習慣の改善や漢方・サプリなどによる体質改善が適していると言えるでしょう。
もちろん、一時的に解消されるということが前提で使用するのであれば、皮膚科で相談して処方してもらうのも良いでしょう。

ビタミン剤の場合は、ビタミンB2やビタミンB6が主に使われています。
これらは処方箋でなくても、サプリメントからでも摂取することができます。
ただし、二・三カ月ほど様子を見て効果が無い様であれば、ビタミン類のサプリ摂取以外で原因の解消を心がけましょう。

Copyright© 2009 Acne solution All Rights Reserved.