ニキビを撃退!美肌情報版

理想的なスキンケア方法を説明

画像

ニキビはこうして発生する

ニキビは気が付かない内に発生してしまうものです。
そして、次第に成長していきます。
その成長の度合いは人それぞれで、最悪の場合はニキビ跡になってしまうこともあるでしょう。
だからこそ、予防と早期解決が重要になります。
その為にも、まずはニキビのでき方を知っておきたいところ。

まず、ニキビは角質が厚くなることから始まります。
毛穴の出口の角質に異常が生じて厚みを帯びるようになるのです。
こうなると、出口がふさがれて毛穴に皮脂が詰まってしまいます。

その後は面皰ができます。
毛穴に皮脂が詰まった状態になると面皰と呼ばれるようになるわけですが、これには二つの種類が存在します。
開放された面皰と閉鎖された面皰の二つです。
開放の場合は黒いボツボツのように見えます。
閉鎖されている場合は、毛穴の出口が閉じていて、出口がありません。
その為、大きな炎症に発展するケースが多いと考えられています。
表面から見えない場合で、肌の奥にシコリのようなものを感じるときは閉鎖面皰が内部で化膿して大きくなっている可能性があります。

面皰の段階で治る場合もありますが、これが悪化すると炎症が引き起こされます。
皮脂を栄養源として、アクネ菌が繁殖すると炎症になってしまいます。
一般的には赤ニキビと言われる状態です。
この段階になると、表面からも確認ができます。

これがさらに悪化すると炎症が膿を持つようになります。
ブヨブヨの状態でオデキの様になってしまいます。
「膿疱性座そう」と呼ばれる状態です。
この炎症は毛穴の中で増えすぎてしまったアクネ菌が他の細菌と戦って死んでしまったときの死骸によるもの。

そして、この炎症が毛穴のまわりまで及んでしまったら毛穴の壁自体が壊れてしまうことがあります。 毛穴のまわりにまで炎症が飛び火してしまって、痛みを伴う炎症が引き起こされるケースもあります。 熱を持って硬いシコリのようになってしまうのです。
硬結ニキビと呼ばれることもあります。
この状態にまでなると、陥没してニキビ痕になりやすくなります。

以上がニキビが出来てからの流れです。
これを知っておくかどうかで、自分のニキビの「段階」を知ることができます。
その知識を活用して、できるだけ早く適切な対処法で切り抜けるようにしましょう。

ちなみに、赤ニキビ程度なら薬は必要ありません。
生活習慣の改善とスキンケアで十分に改善することができます。
また、サプリメントなども活用すると、よりスムーズに解消できるでしょう。

Copyright© 2009 Acne solution All Rights Reserved.