ニキビを撃退!美肌情報版

理想的なスキンケア方法を説明

画像

漢方薬でニキビ治療

ニキビを解消するにあたって、生活習慣を是正することは必ず前提となります。
それに加えて、どんな手段で回復に取り組んでいくかが問題となるでしょう。
その一つの手段として提案したいのが、漢方薬です。
ここでは、漢方薬でニキビ治療をする際の基本的な知識を解説していきます。

まず、漢方薬の効果はどれくらいで表れるのでしょうか?
基本的には長期間にわたってじっくりと効果を期待したいところですが、葛根湯などの漢方薬であれば、通常の医薬品よりも早く効くケースもあります。
ニキビの漢方治療に関しては目安としては2~4週間程度で改善が期待できるでしょう。
もちろん、その期間には個人差があります。

そして、漢方薬の場合はニキビが消えたらそれで治療が完了という訳ではなく、良くなってからもしばらくは飲み続けるケースがあります。
これは体質そのものを改善して、再発を防ぐ為です。
この点が一般的な薬と漢方薬の最大の違いと言えるでしょう。

では、漢方薬にデメリットはあるのでしょうか?
デメリットとして多くの人がイメージするのが「苦くて飲みにくそう」ということだと思います。
しかし、現在ではほとんどの漢方薬が粉末で使われています。
粉末が苦手という人もいるかと思いますが、その場合は味の強いものと一緒に飲むのがおすすめ。
例えば、珈琲などと一緒に飲むと良いでしょう。
本来は水あるいはぬるま湯で飲みたいところですが、そこまでこだわる必要はありません。
まずは「飲む」ということが重要です。
サプリメントなどを利用するというのも一つの手段でしょう。

副作用について心配する人もいるかと思います。
漢方薬は一般的な医薬品と比べると身体に優しいが少なからず副作用はあるというイメージを持っている人が少なくありません。
それは完全に間違いとは言えないのですが、正しく表現すると、それは好転反応と言います。
好転反応は体に不調がある状態から快方に向かう際に一時的に引き起こされる症状です。
その為、基本的には何も対処する必要はありません。
放っておいても勝手に治っていくでしょう。
しかし、一週間以上症状が続くようであれば、医師に相談するなどの対処が必要でしょう。

ちなみに、漢方に使われる生薬が使用されているサプリメントは少なくありません。
それらのサプリメントを活用してニキビを治していく・・・というのもおすすめです。
実際に生薬配合のサプリと生活習慣の改善でニキビを治しているユーザーも沢山います。

Copyright© 2009 Acne solution All Rights Reserved.