ニキビを撃退!美肌情報版

理想的なスキンケア方法を説明

画像

大人ニキビと思春期ニキビ

思春期の頃にできるニキビと大人になってからできる「大人ニキビ」には違いがいくつかあります。
ここでは、その違いについて簡単に説明していきましょう。
まず、思春期ニキビはオイリー肌の人に多いのに対して、大人ニキビの場合はオイリー肌でも乾燥肌でも、どんな肌質にもできると言われています。
思春期の頃はほとんどニキビができなかったという人やそれまでに肌トラブルが何も起きたことがなかったという人でも突然ニキビが起きる可能性があるという訳です。
大人ニキビの場合は肌質は全く関係なく引き起こされると言えるでしょう。

症状についてはどうでしょうか?
まず、思春期ニキビは額を中心に顔中に散らばってできるイメージです。
細かい白ニキビが沢山できるようなケースが多いと考えられます。
大人ニキビはアゴ周りを中心に顔の下の方に出来やすいと言われています。
(もちろん額のあたりにも発生する可能性はあります。)
膿を持っている大き目のニキビがポツポツと発生して、色素も沈着しやすいという特徴があるので注意が必要です。
女性の場合は生理前に悪化してしまいます。

原因の面からも分析してみましょう。
思春期ニキビは一般的に遺伝的な要素が強いと言われています。
遺伝的にオイリー肌の場合やニキビ体質だと思春期ニキビは発生しやすいのです。
また、それに加えて甘いものを食べ過ぎてしまったり、夜更かしをして生活習慣が乱れることによって症状が悪化してしまうケースが多いと言われています。
大人ニキビの原因はストレスや不規則な生活習慣などが原因であることが殆どです。
また、男性ホルモンの値が高い場合に発生しやすいと考えられていますが、必ずしも断言できるわけではありません。

スキンケアの方法は、思春期ニキビの場合はとにかくオイルカットすること。
極端にする必要はなく、常に一定の頻度で洗顔をするようにしましょう。
大人ニキビにも共通して言えることですが、洗いすぎないように注意すること。
また、メイクなどで隠そうと厚塗りすると悪化するので注意。

治療方法としては思春期ニキビの場合、塗り薬などの外用薬が有効。
硫黄や抗生物質などを活用しましょう。
それでも治らない場合は漢方薬を活用するのも手段の一つです。
大人ニキビは特に内服を意識すると良いでしょう。
外用薬だけではなかなか治らないので、サプリメントや漢方などを活用してください。
漢方薬の代表例としては、清上防風湯などが挙げられます。

Copyright© 2009 Acne solution All Rights Reserved.